ホームページで扱う画像に対する考え方!決断力も大切かも?

トップ画像に対するメリットとデメリット

ホームページで語られるトップ画像とは、トップページで扱う画像ではありません。ホームページで語られるトップ画像とは、ページの上部に位置する画像でありまして、最も目に付きやすい場所に配置する大きめの画像です。トップページに対して大きな画像を扱う手法は、基本中の基本です。サブページに対しては、メリットとデメリットが生じる事もあるのです。トップページからサブページに移動する場合、再び同じ画像を見る事になりますよね。複数のページを見る場合においては、本文まで目を向ける動作が無意識に煩わしく思われてしまうかもしれません。ただし、必ずトップページからユーザーが訪れるとも限りませんよね。サブページから訪れるユーザーに対しては、インパクトを与える事も可能です。このデザインにおける考え方は、よくよく考えた中で決断をしなければなりませんよ。

モデルを起用する場合の決断力

ホームページのデザインの中には、モデルの起用もよく見られる傾向もありますよね。ただし、様々なホームページで利用されているため、同じ様な姿として映ってしまう可能性もあるのです。質の悪いホームページで利用されているモデルと同じモデルを利用してしまうと、同じモデルを目にする事によって質の悪いイメージを連想させてしまうかもしれませんよね。そのため、フリー素材として配布されているモデル画像は、注意をして扱う事もポイントです。出来るだけ、お金を支払って利用する様なモデル画像の利用が望ましいと言えますよね。

商品画像は、一つの商品に対して複数の利用で

ホームページには様々な種類のホームページもありまして、様々な目的で利用されていますよね。中には、ecサイトの様にビジネスとして利用されている場合もあります。ホームページで商品を見せる画像は、他の種類のホームページとの違いを示す事も大切ですよ。一枚の画像に対する説明文は、ニュースサイトと同じ様な姿となりまして、購買意欲を高める事も出来なくなりますよね。商品画像を利用してのホームページのデザインは、一つの商品に対して複数利用するのも大切です。複数利用すれば、野に咲く花のような姿を作り出し、心が温かくなる事によって購入へのアクションを起こしてくれるかもしれませんよね。

レスポンシブデザインは、どのデバイスに対しても画面サイズに合わせた最適な表示をすることができ、ひとつのHTMLファイルで作成するので修正などの管理がしやすいメリットがあります。